読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

也田貴彦blog

おもに文学やお笑いについて。

歌詞和訳 Bob Dylan "Tangled up in blue"

"Tangled up in blue"

【原文】
Early one mornin’ the sun was shinin’
I was layin’ in bed
Wond’rin’ if she’d changed at all
If her hair was still red
Her folks they said our lives together
Sure was gonna be rough
They never did like Mama’s homemade dress
Papa’s bankbook wasn’t big enough
And I was standin’ on the side of the road
Rain fallin’ on my shoes
Heading out for the East Coast
Lord knows I’ve paid some dues gettin’ through
Tangled up in blue

She was married when we first met
Soon to be divorced
I helped her out of a jam, I guess
But I used a little too much force
We drove that car as far as we could
Abandoned it out West
Split up on a dark sad night
Both agreeing it was best
She turned around to look at me
As I was walkin’ away
I heard her say over my shoulder
“We’ll meet again someday on the avenue”
Tangled up in blue

I had a job in the great north woods
Working as a cook for a spell
But I never did like it all that much
And one day the ax just fell
So I drifted down to New Orleans
Where I happened to be employed
Workin’ for a while on a fishin’ boat
Right outside of Delacroix
But all the while I was alone
The past was close behind
I seen a lot of women
But she never escaped my mind, and I just grew
Tangled up in blue 

She was workin’ in a topless place
And I stopped in for a beer
I just kept lookin’ at the side of her face
In the spotlight so clear
And later on as the crowd thinned out
I’s just about to do the same
She was standing there in back of my chair
Said to me, “Don’t I know your name?”
I muttered somethin’ underneath my breath
She studied the lines on my face
I must admit I felt a little uneasy
When she bent down to tie the laces of my shoe
Tangled up in blue

She lit a burner on the stove
And offered me a pipe
“I thought you’d never say hello,” she said
“You look like the silent type”
Then she opened up a book of poems
And handed it to me
Written by an Italian poet
From the thirteenth century
And every one of them words rang true
And glowed like burnin’ coal
Pourin’ off of every page
Like it was written in my soul from me to you
Tangled up in blue

I lived with them on Montague Street
In a basement down the stairs
There was music in the cafés at night
And revolution in the air
Then he started into dealing with slaves
And something inside of him died
She had to sell everything she owned
And froze up inside
And when finally the bottom fell out
I became withdrawn
The only thing I knew how to do
Was to keep on keepin’ on like a bird that flew
Tangled up in blue

So now I’m goin’ back again
I got to get to her somehow
All the people we used to know
They’re an illusion to me now
Some are mathematicians
Some are carpenters’ wives
Don’t know how it all got started
I don’t know what they’re doin’ with their lives
But me, I’m still on the road
Headin’ for another joint
We always did feel the same
We just saw it from a different point of view
Tangled up in blue

・・・・・・・・・・・・・・・

【和訳】 
ある早朝 太陽は輝き
俺はベッドで寝転んでいた
彼女はすっかり変わってしまったか
髪はまだ赤いだろうかと考えていた
彼女の家族は言っていた
俺たちの生活は全くつらいものになるだろうと
みんなママのお手製のドレスが好きじゃなかったし
パパの預金通帳は充分じゃなかった
俺は道端に立っていた
雨が靴に降りかかっていた
俺はイーストコーストへ向かった
俺が経験を積んで切り抜けてきたことを神は知っている
ブルーにこんがらがって

最初に出会ったとき彼女は結婚していた
でもすぐに離婚した
彼女が窮地から脱する手助けを俺はしてやったと思う
でも俺は少し乱暴すぎたみたいだ
俺たちはできるだけ遠くへ車を走らせ
遠い西部で乗り捨てた
悲しい闇夜に俺たちは別れた
それが一番良いんだと納得して
彼女は振り返って俺を見た
俺は歩き去っていくところだった
彼女が俺の肩越しに言うのが聞こえた
“いつかまた通りで会えるわよ”
ブルーにこんがらがって

俺はグレートノースウッズで職を得て
しばらくコックをやっていたが
仕事は全く好きじゃなかったし
ある日ついにクビになった
それからニューオリンズへ放浪し
たまたま雇ってもらって
漁船でしばらく働いた
ドラクロワ島のすぐ沖で
でもずっと俺は孤独だった
過去はぴったりと後ろに寄り添っていて
多くの女に会ったが
彼女が心から消えることはなかった 俺はいっそう
ブルーにこんがらがって

彼女はトップレスの店で働いていて
俺はビールを飲みにそこへ入った
ただただ彼女の横顔を見つめ続けていた
くっきりとしたスポットライトに照らされるそれを
あとで客がまばらになった頃
俺も同じように外へ出ようとした
そのとき彼女が俺の椅子のすぐ後ろに立っていた
そして言った ”あなたどこかで会ったかしら”
俺は小声でぼそぼそ呟いた
彼女は俺の顔の皺を見つめた
少し落ち着かない気分だったのは認めよう
彼女が俺の靴紐を結ぶために屈み込んだときには
ブルーにこんがらがって 

彼女はストーブに火をつけて
俺にパイプを差し出し
“どうしてもあいさつすらしないのね” そう言った
“寡黙な人ね”
それから詩集を開いて
俺に手渡した
イタリアの詩人の書いた
13世紀の本だった
全ての言葉が真実のように響き
燃える石炭のように輝き
全てのページから溢れ出していた
まるで俺が君へ魂を込めて書いたものみたいに
ブルーにこんがらがって

俺はみんなとモンタギュー通りで
階段の下の地下室に住むことにした
夜にはカフェで音楽が流れ
革命の雰囲気が漂っていた
あるときあいつがろくでもない奴と取引をし始めて
あいつの中の何かが死んだ
彼女は持っているものを全部売り払う羽目になって
心は凍りついてしまった
もう取り返しがつかなくなったとき
俺は引き上げることにした
唯一やり方を分かっていたのは
とにかく流れ続けるということ 鳥が空を飛ぶように
ブルーにこんがらがって

そういうわけで俺はまた元に戻ろうとしている
ともかく俺はまた彼女と連絡を取るようになった
俺たちがかつて出会った人たち
今じゃみんなが幻さ
数学者もいたし
大工の嫁さんもいた
どうやってそうなったか知らないし
どう生活しているのかも知らない
一方俺は相変わらず道端に立って
また別の場所へ向かおうとしている
俺たちはいつだって同じ気持ちだった
ただ捉え方が違っていただけなんだ
ブルーにこんがらがって

・・・・・・・・・・・・・・・

後半の"I lived with them on Montague Street"から始まる段落がよく分からなかった。このthemやheやsheは誰なのか。sheはずっと登場しているsheと同じなのか。deal with slavesは時代的に奴隷ではなさそうなので「ろくでもない奴と取引」と訳してみたが。

ご意見ご指摘、歓迎。